忍者ブログ
心と体をリラックスさせてくれるアロマテラピーは、最近若い女性を中心に注目されています。アロマテラピーとは植物が持つ香りや成分が鼻から脳へ伝わったり、肺や皮膚から吸収されることで神経の緊張をほぐし、健康維持に役立つと言われています。
痩せたいのであれば、朝ごはんを食べなさい。このような言葉を見聞きしたことのある方は多いはず。では逆に、朝ごはんを食べないと太るのでしょうか?
これにはさまざまな意見があるようですが、結論としてはケースバイケースのようです。
ですが、一般的に朝ごはんを食べないと太りやすくなるという根拠は存在しています。
ダイエットを成功させたいと考える方の大半は、カロリー摂取だけに目を向け、代謝機能に関してはあまり気にかけていないのではないかと思います。
単純に1日の摂取カロリーを減らしたいのであれば、朝ごはんをしっかり食べてしまってはいけないということになりますが、ここにはひとつの問題が生じています。
朝ごはんを食べると、身体全体の代謝機能が上がり、脳の働きも活性化されます。また、便秘の予防や解消にもつながります。反対に朝ごはんを食べないと、身体の各細胞の機動力となるエネルギーの供給が少ないため、身体や脳の起動が遅れます。
さらに、昼食の栄養分やカロリーが吸収されやすい状態であるため、昼食を食べ過ぎてしまった場合には太りやすくなります。
これらのことが、朝ごはんを食べないと太るという根拠となっています。
ですが、生活のペースは人それぞれであり、不規則な食生活を余儀なくされている方もいることでしょう。
それらの方々が、毎日朝食を食べないことが理由で太っているのかといえば、まずそのようなことはありません。
朝ごはんをきちんと食べるメリットは、代謝機能を正常に働かせて、身体や脳の機動力を早めるというところにあります。代謝機能がアップすれば、当然エネルギーの消費スピードも速まりますので、痩せることにはつながるでしょう。ただし、必要以上に朝ごはんを食べ過ぎてしまっては逆効果になる場合もあります。
朝ごはんは食べた方がいい。でも、食べ過ぎはいけませんよ。
PR
夜更かしをするとつい夜食を食べてしまうことはありませんか。
夜食を食べると太ると良くいわれていますが、なぜ夜食を食べると太ってしまうのでしょう。
夜遅くに食事をすると、後は寝るだけで消費カロリーが少ないから太ると思われがちですが、夜食を食べた後に運動をしても、摂取した夜食のカロリーを完全に消費することができません。
なぜなら夜食を食べる時間、22時から翌2時あたりは非常に脂肪を溜め込みやすい時間だからです。
人間には交感神経と副交感神経が存在し、この2つから成り立っているのが自律神経です。
昼の活動時には興奮上体の時に働く交感神経が優位になり、夜の休息時にはリラックスした時に働く副交感神経が優位になります。
そして副交感神経が優位になっている夜は、エネルギー消費が低くなるため、食べた分のエネルギーを消費することなく溜め込んで、それが脂肪になってしまうのです。
また人間は副腎皮質ホルモンという血糖値を上昇させてからだを活動的にし、エネルギーの消費を促すホルモンが存在しますが、このホルモンは夜になるほど分泌量が低下します。
他にも食事を消化する時に内蔵が活性化することによって発生するDIT(食事誘導性熱生産)も、夜になるにつれて低くなっていきます。
これらが原因で夜はエネルギー消費が低いのです。
寝る前に夜食を食べてしまうと、寝ている間も消化器官は食べたものの消化のために活動します。
そのため眠りの質が悪くなり、身体が睡眠不足状態になるため、食欲を抑えるレプチンというホルモンの分泌が減り、逆に食欲を増進させるグレリンというホルモンの分泌が増えてしまいます。
そのため食欲を抑えることができなくなり、必要以上に食べてしまうことになってしまうのです。
夜になると消費かアロリーが少なくなるにも関わらず、現代人の食生活では夜に多くのカロリーを摂取してしまう傾向にあります。
余分なカロリーは脂肪になりやすいので、カロリーを控える必要があります。
夜食は肥満の原因になるだけではなく、健康や美容にも刺傷をきたします。
できるだけ夜10時までには夕食を済ませ、どうしても夜食を食べる場合はカロリーが低く消化の良い物にしましょう。
いいなあ、と思って購入した洋服。実際に自宅に戻って着用してみると、なんだか違う。このようなときに痛感するのが、やっぱり洋服は細BODYが似合う・・・ということなのではないでしょうか。
たとえば、タイトスカートやマーメイドスカートの場合では、キュッと引き締まったウエストでないとどうも恰好がつきません。
それから、ジーンズ。ジーンズって意外にボディラインがくっきりと現れ、体型がもろにわかってしまいます。特にスキニージーンズのようにピッタリフィットタイプのジーンズではなおさらです。
また、むっちりとした二の腕のせいで、カットソーを上手く着こなすことができないという方もいるのではないかと思います。
このような場合、身体全体が太めであるのであれば、まずすべきことは食事制限によるダイエットです。食事制限ダイエットに踏み切れない方の多くは、食欲に打ち勝つ自信がないといい、なかなかダイエットを開始することができないようです。
それならば、短期決戦で決めるファスティングダイエット(プチ断食)ではいかがでしょうか。
ファスティングダイエットももちろん、空腹感を伴います。ですが、ファスティングダイエットは長期に渡って行うものではなく、半日~3日間の辛抱です。
これにより大幅な減量を行うことはできませんが、体内のデトックスを行うことができ、代謝機能が高まります。ちょっと辛いかもしれませんが、長期に渡る食事制限が厳しいのであれば、ファスティングダイエットは行ってみる価値があると思いますよ。
また、部分的に太い部分が気になるのであれば、ボディマッサージ+運動がおススメです。特にお腹周りなどは脂肪がつきやすく、筋肉を使わないでいるとますます太くなってしまいます。洋服が似合う細BODYに憧れているのであれば。やはりご自身の努力なしでは叶えることはできませんよ。
ダイエット法には、「サウナに入る」「ラップを巻く」というように、汗をかくことに着目した方法もありますよね。
ですが、ここで1つ大きな誤解があることを忘れてはなりません。
汗をかいたら痩せるということは、絶対にないのです。
汗は、そのほとんどが水分です。
そのため、体内の水分が排出されることにより、一時的に体重は落ちることがあるかもしれません。
ですが、汗をかいたから劇的に脂肪が無くなる、ということではないのです。
汗をかくということは、体が温まって代謝がアップしている証拠。
だから、これは決して悪いことではありません。
また、汗をかけば体内から毒素を排出することもでき、余分な水分も出すことができます。
これはダイエットという観点から見ても、美容の観点から見ても嬉しい効果ですよね。
そのため、汗をかくことはムダなことではありません。
ですが、汗をかいたら、ただそれだけで痩せられるという誤解は解いておきましょう。
大切なのは汗を流すことよりも、体の中の筋肉量を増やし、脂肪を燃やすことです。
そのため、汗をダラダラかくような激しい運動をしなくても、じんわり汗ばむ程度のウォーキングだって、十分にダイエットに効果を期待することができます。
また、逆にサウナに入ったりラップを巻いたりしても、食事、運動といった根本的な部分に働きかけていかないと、ダイエット効果を得られることは無いのです。
汗をたっぷりかいたことで、痩せたつもりになることだけは避けたいですね!
この勘違いが、ダイエット大失敗につながる可能性もあります。
ダイエットを成功させるためには、正しい知識を持ち、正しい方法で行うことが大切です。
汗に対する誤解をしっかり解いて、正しく健康的に、美しいスタイルを手に入れましょう!
ダイエットには様々な方法がありますよね。
そんな様々な方法の中で、特に興味深いものの1つが、アロマテラピーによるダイエット効果です。
アロマテラピーといえば、基本的には香りを嗅ぐことにより、癒し効果や覚醒効果など、様々な効果を得られるという内容のものですね。
では、本当に香りを嗅ぐことが、ダイエットにつながるのでしょうか?
実際にアロマの香りの中には、肥満も防げるという効果があると言われるものもあります。
例えばグレープフルーツの香りなどは、代謝を促進したり便秘を解消するのに役立つという話が有名ですね。
また、アロマテラピーには高いリラックス効果が期待できます。
ダイエットにおいて大敵となるのは、ストレスです。
人間という動物は、昔から飢餓というものに大きなストレスを感じてきたそうです。
そのため、現代でもストレスを感じると、飢餓状態にならないようにと、体内の代謝を下げ、脂肪を溜めこもうとしてしまうのだと言われています。
さらに、ストレスを感じると全身の血管が収縮してしまうと言われています。
これにより、血行が悪くなると代謝が落ちますし、体が冷えて太りやすくなってしまいます。
つまり、これらの点を考えると、ストレスは肥満の大きな原因になるということが分かりますね。
そんなストレスの解消に役立つのが、アロマテラピーのリラックス効果なのです。
アロマテラピーに用いられる香りの中には、高いリラックス効果を発揮してくれる物も多数あります。
そんな精油を絶妙にブレンドして作ったオイルで、マッサージなどをすれば、ダイエット効果は抜群ですね!
ストレスを解消し、癒されながらマッサージを行うことにより、肥満を防ぐことにつながります。
もちろん香りをかいでリラックスするだけでもOKです。
また、アロマテラピーによりリラックスできると、良質な睡眠をとることもできます。
良質な睡眠をとれば、その間に肥満防止に重要な役割を果たすホルモンもしっかり分泌されます。
このような点からも、アロマテラピーがもたらす肥満防止効果は非常に高いと言えますね!
辛いダイエットを続ける自信が無いなら、リラックスしながら肥満防止効果が期待できるアロマテラピーを始めてみましょう!
専門のサロンで受けてみても良いですし、自分好みのアロマをブレンドして、オリジナルのアロマテラピーを楽しんでみるのも良いですね!
リラックスしてストレスを解消することは、実は想像以上に肥満の防止に大切なポイントなのです。
人気の記事: 断食ダイエットはほとんどがリバウントします。 http://goo.gl/C6bB6M
HOME → NEXT
カテゴリー
P R
忍者ブログ [PR]テナント 通販 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH