忍者ブログ
心と体をリラックスさせてくれるアロマテラピーは、最近若い女性を中心に注目されています。アロマテラピーとは植物が持つ香りや成分が鼻から脳へ伝わったり、肺や皮膚から吸収されることで神経の緊張をほぐし、健康維持に役立つと言われています。
ダイエット法には、「サウナに入る」「ラップを巻く」というように、汗をかくことに着目した方法もありますよね。
ですが、ここで1つ大きな誤解があることを忘れてはなりません。
汗をかいたら痩せるということは、絶対にないのです。
汗は、そのほとんどが水分です。
そのため、体内の水分が排出されることにより、一時的に体重は落ちることがあるかもしれません。
ですが、汗をかいたから劇的に脂肪が無くなる、ということではないのです。
汗をかくということは、体が温まって代謝がアップしている証拠。
だから、これは決して悪いことではありません。
また、汗をかけば体内から毒素を排出することもでき、余分な水分も出すことができます。
これはダイエットという観点から見ても、美容の観点から見ても嬉しい効果ですよね。
そのため、汗をかくことはムダなことではありません。
ですが、汗をかいたら、ただそれだけで痩せられるという誤解は解いておきましょう。
大切なのは汗を流すことよりも、体の中の筋肉量を増やし、脂肪を燃やすことです。
そのため、汗をダラダラかくような激しい運動をしなくても、じんわり汗ばむ程度のウォーキングだって、十分にダイエットに効果を期待することができます。
また、逆にサウナに入ったりラップを巻いたりしても、食事、運動といった根本的な部分に働きかけていかないと、ダイエット効果を得られることは無いのです。
汗をたっぷりかいたことで、痩せたつもりになることだけは避けたいですね!
この勘違いが、ダイエット大失敗につながる可能性もあります。
ダイエットを成功させるためには、正しい知識を持ち、正しい方法で行うことが大切です。
汗に対する誤解をしっかり解いて、正しく健康的に、美しいスタイルを手に入れましょう!
PR
ダイエットには様々な方法がありますよね。
そんな様々な方法の中で、特に興味深いものの1つが、アロマテラピーによるダイエット効果です。
アロマテラピーといえば、基本的には香りを嗅ぐことにより、癒し効果や覚醒効果など、様々な効果を得られるという内容のものですね。
では、本当に香りを嗅ぐことが、ダイエットにつながるのでしょうか?
実際にアロマの香りの中には、肥満も防げるという効果があると言われるものもあります。
例えばグレープフルーツの香りなどは、代謝を促進したり便秘を解消するのに役立つという話が有名ですね。
また、アロマテラピーには高いリラックス効果が期待できます。
ダイエットにおいて大敵となるのは、ストレスです。
人間という動物は、昔から飢餓というものに大きなストレスを感じてきたそうです。
そのため、現代でもストレスを感じると、飢餓状態にならないようにと、体内の代謝を下げ、脂肪を溜めこもうとしてしまうのだと言われています。
さらに、ストレスを感じると全身の血管が収縮してしまうと言われています。
これにより、血行が悪くなると代謝が落ちますし、体が冷えて太りやすくなってしまいます。
つまり、これらの点を考えると、ストレスは肥満の大きな原因になるということが分かりますね。
そんなストレスの解消に役立つのが、アロマテラピーのリラックス効果なのです。
アロマテラピーに用いられる香りの中には、高いリラックス効果を発揮してくれる物も多数あります。
そんな精油を絶妙にブレンドして作ったオイルで、マッサージなどをすれば、ダイエット効果は抜群ですね!
ストレスを解消し、癒されながらマッサージを行うことにより、肥満を防ぐことにつながります。
もちろん香りをかいでリラックスするだけでもOKです。
また、アロマテラピーによりリラックスできると、良質な睡眠をとることもできます。
良質な睡眠をとれば、その間に肥満防止に重要な役割を果たすホルモンもしっかり分泌されます。
このような点からも、アロマテラピーがもたらす肥満防止効果は非常に高いと言えますね!
辛いダイエットを続ける自信が無いなら、リラックスしながら肥満防止効果が期待できるアロマテラピーを始めてみましょう!
専門のサロンで受けてみても良いですし、自分好みのアロマをブレンドして、オリジナルのアロマテラピーを楽しんでみるのも良いですね!
リラックスしてストレスを解消することは、実は想像以上に肥満の防止に大切なポイントなのです。
人気の記事: 断食ダイエットはほとんどがリバウントします。 http://goo.gl/C6bB6M
エッセンシャルオイルを使ったアロマテラピーの楽しみ方は様々です。
アロマテラピーの定番の楽しみ方は芳香浴です。
部屋にエッセンシャルオイルの優しい香りを充満させ、ゆったりとした気分に浸ることが出来ます。
最近では手軽始められるアロマポットとエッセンシャルオイルがセットになっているものも販売されているので、好みの香りを見つけて簡単に楽しむことが出来るようになっています。
芳香浴を行うのに最もポピュラーなのが、アロマポットを使う方法です。
上部の受け皿にお湯や水をはり、好みのエッセンシャルオイルを数滴たらし、ロウソクで下から温めます。
蒸気と共にオイルが揮発し、香りが部屋に広がります。
香りが立ちやすく、ロウソクの優しい光でよりリラクゼーション効果が高まります。
他には電球の熱を使ったアアロマランプがあります。
こちらは火を使わないので、お子さんがいるお家や就寝時でも安心して使うことが出来ます。
人気が高いのは、ミストが出るアロマディフューザーです。
冷たいミストを発生させるタイプと熱い蒸気を発生させるタイプとあり、好みや行う部屋のタイプによって選ぶと良いでしょう。
イルミネーション機能を備えたものやしっかりとした加湿器のが付いているものもありますので、アロマテラピーの用途だけではなく、インテリアとしても楽しめます。
アロマポットやディフューザーなどの器具を使わなくても、アロマを楽しむことは出来ます。
80℃くらいのお湯を入れたマグカップにエッセンシャルオイルを数滴入れ、ゆっくりと深呼吸するように香りを吸い込みます。
またマッサージオイルにエッセンシャルオイルを混ぜてマッサージをすれば、良い香りがリラクゼーション効果を高めてくれます。
エッセンシャルオイルを混ぜる場合は、0.5~1%くらいが適当な量になります。
ただし肌の弱い方やお子様が使う場合は、量を半分くらいにした方が良いでしょう。
エッセンシャルオイルに似ていても、芳香用の合成香料の場合もあります。
マッサージに使う場合は、天然成分のエッセンシャルオイルを使うようにしましょう。
植物から抽出した芳香成分を利用するアロマテラピーは、使用するエッセンシャルオイルの種類によって様々なリラクゼーション効果が期待できます。
仕事や勉強を効率よく行うためにも、アロマテラピーは有効です。
いらいらしていたり、気持ちが沈んでいると仕事や勉強に身が入らなくなり、思ったようなせいかが上げられないことがあります。
そんな時にオススメの香りは、ローズマリーです。
ローズマリーはクリアなハーブ系の香りで、集中力を高めたり、意欲が湧かないときなどに有効な香りです。
ハンカチなどのにエッセンシャルオイルを1滴染み込ませ、気分をすっきりさせたい時に鼻にあて、その香りを吸い込みましょう。
またユーカリのエッセンシャルオイルも効果的です。
刺激のある香りがするユーカリは、精神を集中させてくれる効果があります。
また消毒作用もあるため、受験勉強中などにこのオイルを使うと風邪の予防にもなり、勉強もはかどるでしょう。
レモンにも部屋の空気を浄化して、風邪やインフルエンザを予防する効果があります。
レモンのエッセンシャルオイルは過術そのままのフレッシュな香りが特徴で、脳を刺激し集中力や記憶力を高めてくれます。
寝起きのすっきりしない頭を冴えさせたい時や心身の疲れを感じている時にも効果的です。
眠気で頭がすっきりしないときは、ペパーミントの刺激的な香りでリフレッシュしましょう。
運転中の眠気防止や乗り物酔い、二日酔いの吐き気にも有効です。
他にスイートマジョラムも集中力強化に効果があります。
落ち着いた爽やかな草の香りのスイートマジョラムは、リラックス特性の強いエッセンシャルオイルです。
これらの香りが少し苦手と観じる方は、自分の好みの香りとブレンドして使うようにすると良いでしょう。
アロマテラピーのリラクゼーション効果には様々な物がありますが、快適な睡眠のためによく利用されています。
美容や健康のためには質の良い睡眠が大切ですが、日々のストレスや不安などで安眠できない人が増えています。
睡眠不足が続いてしまうと頭痛やめまいなどの体調不良や、集中力の低下、注意散漫など日常生活や仕事にも影響してしまいます。
アロパテラピ-の香りは脳へ伝わり、自律神経に働きかけ心を落ち着かせてくれます。
安眠に効果のあるエッセンシャルオイルには様々な種類ありので、自分の好みの香りを見つけると良いでしょう。
安眠に効果のある香りの代表的なものに、ラベンダーがあげられます。
ラベンダーの甘く、安らぐ香りは神経の緊張や不安を和らげて安眠を誘う効果があります。
ラベンダーのエッセンシャルオイルには自律神経を調節する働きがあり、深くリラックスさせる効果があり、質の良い睡眠を摂るためには最適な香りです。
りんごのような香りのするカモミールも安眠効果が期待できます。
カモミールには不安や緊張を和らげ、心を鎮静させる効果があり、リラクゼーションを促してくれます。
カモミールにはジャーマンカモミールとローマンカモミールがあり、ローマンカモミールの方がより安眠効果が期待できると言われています。
また暑くて寝苦しい夜には、ペパーミントの爽やかな香りがオススメです。
ペパーミントには精神的な疲労を和らげる効果が期待できます。
またエッセンシャルオイルに含まれるリモネンという成分には血行促進作用があり、この作用により体を温め催眠効果が期待できます。
リモネンはオレンジスイートやマンダリン、ライムなど柑橘系のエッセンシャルオイルに多く含まれています。
寝る時にこれらの香りのアロマキャンドルを灯すと、ほのかな明かりで眠りを誘いますが、火の扱いには十分注意が必要です。
火を使わずに楽しむ方法には、マグカップにお湯をはってエッセンシャルオイルを数滴たらして枕元に置くなど色々あるので、自分の好みにあった方法を選んで楽しみましょう。
厳選!いい宿ナビ ~南伊豆~ 投稿者 yoshiki_Tokura
HOME → NEXT
カテゴリー
P R
忍者ブログ [PR]データセンター 旅行予約 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH