忍者ブログ
心と体をリラックスさせてくれるアロマテラピーは、最近若い女性を中心に注目されています。アロマテラピーとは植物が持つ香りや成分が鼻から脳へ伝わったり、肺や皮膚から吸収されることで神経の緊張をほぐし、健康維持に役立つと言われています。
エッセンシャルオイルを使ったアロマテラピーの楽しみ方は様々です。
アロマテラピーの定番の楽しみ方は芳香浴です。
部屋にエッセンシャルオイルの優しい香りを充満させ、ゆったりとした気分に浸ることが出来ます。
最近では手軽始められるアロマポットとエッセンシャルオイルがセットになっているものも販売されているので、好みの香りを見つけて簡単に楽しむことが出来るようになっています。
芳香浴を行うのに最もポピュラーなのが、アロマポットを使う方法です。
上部の受け皿にお湯や水をはり、好みのエッセンシャルオイルを数滴たらし、ロウソクで下から温めます。
蒸気と共にオイルが揮発し、香りが部屋に広がります。
香りが立ちやすく、ロウソクの優しい光でよりリラクゼーション効果が高まります。
他には電球の熱を使ったアアロマランプがあります。
こちらは火を使わないので、お子さんがいるお家や就寝時でも安心して使うことが出来ます。
人気が高いのは、ミストが出るアロマディフューザーです。
冷たいミストを発生させるタイプと熱い蒸気を発生させるタイプとあり、好みや行う部屋のタイプによって選ぶと良いでしょう。
イルミネーション機能を備えたものやしっかりとした加湿器のが付いているものもありますので、アロマテラピーの用途だけではなく、インテリアとしても楽しめます。
アロマポットやディフューザーなどの器具を使わなくても、アロマを楽しむことは出来ます。
80℃くらいのお湯を入れたマグカップにエッセンシャルオイルを数滴入れ、ゆっくりと深呼吸するように香りを吸い込みます。
またマッサージオイルにエッセンシャルオイルを混ぜてマッサージをすれば、良い香りがリラクゼーション効果を高めてくれます。
エッセンシャルオイルを混ぜる場合は、0.5~1%くらいが適当な量になります。
ただし肌の弱い方やお子様が使う場合は、量を半分くらいにした方が良いでしょう。
エッセンシャルオイルに似ていても、芳香用の合成香料の場合もあります。
マッサージに使う場合は、天然成分のエッセンシャルオイルを使うようにしましょう。
PR
植物から抽出した芳香成分を利用するアロマテラピーは、使用するエッセンシャルオイルの種類によって様々なリラクゼーション効果が期待できます。
仕事や勉強を効率よく行うためにも、アロマテラピーは有効です。
いらいらしていたり、気持ちが沈んでいると仕事や勉強に身が入らなくなり、思ったようなせいかが上げられないことがあります。
そんな時にオススメの香りは、ローズマリーです。
ローズマリーはクリアなハーブ系の香りで、集中力を高めたり、意欲が湧かないときなどに有効な香りです。
ハンカチなどのにエッセンシャルオイルを1滴染み込ませ、気分をすっきりさせたい時に鼻にあて、その香りを吸い込みましょう。
またユーカリのエッセンシャルオイルも効果的です。
刺激のある香りがするユーカリは、精神を集中させてくれる効果があります。
また消毒作用もあるため、受験勉強中などにこのオイルを使うと風邪の予防にもなり、勉強もはかどるでしょう。
レモンにも部屋の空気を浄化して、風邪やインフルエンザを予防する効果があります。
レモンのエッセンシャルオイルは過術そのままのフレッシュな香りが特徴で、脳を刺激し集中力や記憶力を高めてくれます。
寝起きのすっきりしない頭を冴えさせたい時や心身の疲れを感じている時にも効果的です。
眠気で頭がすっきりしないときは、ペパーミントの刺激的な香りでリフレッシュしましょう。
運転中の眠気防止や乗り物酔い、二日酔いの吐き気にも有効です。
他にスイートマジョラムも集中力強化に効果があります。
落ち着いた爽やかな草の香りのスイートマジョラムは、リラックス特性の強いエッセンシャルオイルです。
これらの香りが少し苦手と観じる方は、自分の好みの香りとブレンドして使うようにすると良いでしょう。
アロマテラピーのリラクゼーション効果には様々な物がありますが、快適な睡眠のためによく利用されています。
美容や健康のためには質の良い睡眠が大切ですが、日々のストレスや不安などで安眠できない人が増えています。
睡眠不足が続いてしまうと頭痛やめまいなどの体調不良や、集中力の低下、注意散漫など日常生活や仕事にも影響してしまいます。
アロパテラピ-の香りは脳へ伝わり、自律神経に働きかけ心を落ち着かせてくれます。
安眠に効果のあるエッセンシャルオイルには様々な種類ありので、自分の好みの香りを見つけると良いでしょう。
安眠に効果のある香りの代表的なものに、ラベンダーがあげられます。
ラベンダーの甘く、安らぐ香りは神経の緊張や不安を和らげて安眠を誘う効果があります。
ラベンダーのエッセンシャルオイルには自律神経を調節する働きがあり、深くリラックスさせる効果があり、質の良い睡眠を摂るためには最適な香りです。
りんごのような香りのするカモミールも安眠効果が期待できます。
カモミールには不安や緊張を和らげ、心を鎮静させる効果があり、リラクゼーションを促してくれます。
カモミールにはジャーマンカモミールとローマンカモミールがあり、ローマンカモミールの方がより安眠効果が期待できると言われています。
また暑くて寝苦しい夜には、ペパーミントの爽やかな香りがオススメです。
ペパーミントには精神的な疲労を和らげる効果が期待できます。
またエッセンシャルオイルに含まれるリモネンという成分には血行促進作用があり、この作用により体を温め催眠効果が期待できます。
リモネンはオレンジスイートやマンダリン、ライムなど柑橘系のエッセンシャルオイルに多く含まれています。
寝る時にこれらの香りのアロマキャンドルを灯すと、ほのかな明かりで眠りを誘いますが、火の扱いには十分注意が必要です。
火を使わずに楽しむ方法には、マグカップにお湯をはってエッセンシャルオイルを数滴たらして枕元に置くなど色々あるので、自分の好みにあった方法を選んで楽しみましょう。
厳選!いい宿ナビ ~南伊豆~ 投稿者 yoshiki_Tokura
アロマテラピーには様々なリラクゼーション効果があり、使われるエッセンシャルオイルの種類によってその効能は異なります。
エッセンシャルオイルの種類は300種類以上あると言われていて、香りの材料になる植物によって大きく7つに分けられます。
まずは花から抽出されるフローラル系です。
甘い香りが大きな特徴で、ラベンダーやジャスミン、カモミールなどがあり柔らかく優しい香りはリラックスさせる効果があります。
リフレッシュ効果が期待できるのが、シトラス系です。
これは主に柑橘類の果皮から抽出されるエッセンシャルオイルで、爽やかなフルーティーな香りが特徴です。
主にハーブから抽出されるエッセンシャルオイルは、ハーバル系と呼ばれます。
薬草のようなほろ苦さが残る香りの中に爽快感を感じさせる香りが特徴です。
ジンジャーやシナモンリーフなどに代表されるスパイス系は、刺激のある強い香りが特徴になています。
リフレッシュやリラックスの効能の他に、体を温める効能もあります。
森林を思わせる樹木系の香りは、ウッディ系に分類されます。
ユーカリやティートリーなどがあり、リラックス効果の他に循環器の疾患や月経痛などの身体的な効能が多いのも特徴のひとつです。
バルサミック系は木の樹脂から抽出されるもので、ウッディー系よりさらに深みのある香りが特徴です。
重厚感のなかに穏やかな香りがあり、高いリラックス効果が期待できます。
東南アジアを彷彿とさせる、重く甘い香りが特徴のオリエンタル系は、採取される植物の地域からこの名前が付けられています。
このように様々な香りがあるので選ぶのが難しく感じるかもしれませんが、まずは効能などを考える前に、自分の好きな香りかどうかで選んでみてはいかがでしょうか。
心と体をリラックスさせてくれるアロマテラピーは、最近若い女性を中心に注目されています。
アロマテラピーとは植物が持つ香りや成分が鼻から脳へ伝わったり、肺や皮膚から吸収されることで神経の緊張をほぐし、健康維持に役立つと言われています。
アロマテラピーは自然療法なので、正しい使い方をすれば体に悪い影響を与えることはありません。
体にだけではなく、心にも優しいアロマテラピーには香りによって様々な症状に効果があり、イライラや怒りを鎮めるものやストレスを和らげる効果のあるもの、元気がでない時に明るい気分にさせてくれるものなどがあります。
また精神的な効果だけではなく、痛みを伴う体の不調やホルモンバランスを整えたり、肌トラブルの改善など様々な効果が期待できます。
アロマテラピーに使用されるエッセンシャルオイルは、自然の植物から採取される揮発性の液体で、植物のはや茎、花、樹皮、果皮などから得られ、植物によって香りや成分が異なります。
単品でもその効果を期待することは出来ますが、使う精油によって効能が異なるため、様々な不調に対応するように数種類のエッセンシャルオイルをブレンドして使うことがあります。
エッセンシャルオイルを組み合わせることで香りに変化があり、相乗効果が期待できます。
最近では簡単にアロマテラピーを始められる道具も多く販売されていますが、このような道具を揃えなくても精油だけでも手軽に始めることができます。
簡単にアロマテラピーを楽しむ方法に、アロマバスがあります。
お湯を張ったバスタブにエッセンシャルオイルを5滴ほど入れ、良くかき混ぜてから入ります。
エッセンシャルオイルがお湯で揮発することで、呼吸器から効率的にエッセンシャルオイルの効能を取り入れながら、皮膚からも浸透することが出来ます。
カテゴリー
P R
忍者ブログ [PR]フリーローン レシピ △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH